Welcome to ebook! はじめての電子書籍出版を成功に導き、電子書籍を通じて、人生を楽しく豊かにする、電子書籍出版のすべて! あなたに必要な電子書籍をプロデュース致します。

FrontPage

Welcome to ebook! 電子書籍出版へようこそ!

お知らせ : Medium Publicationへの移行について

このたび、「電子書籍出版のすべて」 のコンテンツをこちらに残したまま、
2016年7月以降の新規コンテンツから、

「電子書籍出版 MAGAZIN」https://medium.com/ebook-master

へと移行しますことを、お知らせ申し上げます。

新しいプラットフォームとなるMediumでは、コンテンツを「書く」ことに重点を置いたシステムになっております。このことから、電子書籍の本質をお伝えしたいという思いを、これまで以上に充実した形でお届けできると期待しての選択になります。

従来のHPのスタイルとは、いささか異なる部分もありますが、皆様におかれましては、これもまた時代の変化と一興に思っていただければと存じます。

今後とも、どうぞよろしくお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

2016年7月9日
リソル・パブリッシング 八鍬 兼二


電子書籍を通じてデジタル世代へ知識の継承を実現する



「本を作りたい! 出版したい!!」


の日、忘れていた思いが、
突如、私のなかに湧き起こりました。

“本を出版する”ことは、
本好きなら、一度は考える夢のひとつです。

私は、学生時代の夢を思い出すことさえ、ずっと忘れていたのです。

ーーーーーーーーーーーーーー

はじめまして。

電子出版プロデューサー 八鍬 兼二です。

私が本に目覚めたのは、小学校の図書室です。ふと入った図書室で、本の後に付いている図書カードに当時気になっていた女の子の名前を見つけたのです。

“このカード全部に自分の名前を書きたい” 少年はそう考えました。

次の日から、朝の図書室が、私のお気に入りの場所になりました。今思えば、本好きには最高の空間でした。

ーーーーーーーーーーーーーー

あれから、40年近い時が流れ、とうとう“あの日”がやって来ました。2012年10月、Amazon Kindleが日本に上陸したのです。

個人が自由に、本(電子書籍)を出版できる時代が始まったのです。この事実を目の当たりにし、私は「夢」を実行に移す決意をしました。

近い将来、電子書籍を出そう!
私の中に、あらたな目標が生まれました。

ーーーーーーーーーーーーーー

また、学んでいくうちに自分がやるなら、
“電子出版プロデューサー”で行こうと、心に期するものがありました。

せっかく取り組むなら、電子書籍の出版をビジネスにしたいと考えたからです。
1冊出して終わりではなく、はじまりにしたかったのです。

とは言え、決意は出来ましたが、他は何もありません。
文字通り完璧なゼロからのスタートです。
あるのは、私のプランのみです。

電子出版プロジェクトがスタートしました。
     ↓↓↓↓↓

プロジェクト名:「FPMAG」



「キーワードは、資格FPから職業(プロフェッショナル)FPへ」

日本人が必要としているお金に関する知識を広めるためには、教える役割を担う人材が多数必要となります。お金の教育が仕事として成り立つ社会環境が育まれれば、今よりお金に悩む人達を減らすことが出来るかもしれません。その実現には、一人でも多くのFP資格取得者が、職業人としてお金の教育に携わることが何より大切でしょう。

ファイナンシャル・プランナー・マガジンは、FPの、FPによる、FPのための情報誌ではありますが、お金の知識を必要としている、あらゆる人達に有益な情報となることは言うまでもありません。電子書籍のため、お金に関する情報・知識を、いつでもどこでも手軽に学ぶことが可能になります。
FPが、これまで以上に身近な存在になることを願ってやみません。

以上、創刊号 Voice of Publisherより。


このプロジェクトを成功させるには、次の二つが必要でした。

・製作を手伝ってもらうWebデザイナー
・原稿を書いてもらう執筆者

この二つがなければ、私が発行したい電子書籍は作れません。

ーーーーーーーーーーーーーー

運良く、知り合いのWebデザイナーが、プロジェクトへ参加してくれることになりました。

画像の説明

次は執筆者です。12月になり、2名の方に賛同を頂くことができました。
この時点では、まだ電子書籍の影も形もありません。

表紙のデザインが上がってきました。
「これなら、大丈夫!」
まさに、運命の出会いです。

この本は、必ず出せる!
そう直感できる雰囲気が、このデザインにあったのです。

ーーーーーーーーーーーーーー

1月に入り、毎朝、祈るようにAmazonのページを開きます。
“もし、同じような電子書籍が発売されていたら・・・”

ネットの世界では何事も1番目が大事です。2番目以降は単なるマネに過ぎません。

1日でも早く出版したい気持ちと、まだまだこれでは世の中に出せない。
焦る気持ちの中、何度も、何度も試行錯誤を重ね、2月に入り、電子書籍の形がだんだん見えてきました。

原稿も仕上がり、本として出せる見通しが立ってきたのです。
最終的に、バージョン32まで、作り変えていきました。

ーーーーーーーーーーーーーー

忘れもしない2013年2月14日、Amazonキンドルストアにて、
リソル・パブリッシングからの第1号が出版されました。

タイトルは、「ファイナンシャル・プランナー・マガジン」です。
本を出版したいという夢が、とうとう叶ったのです。

その後、春号・夏号・秋号を季刊発行しました。
いずれも、Amazon Kindleストアにて好評発売中です。



2013年10月、Vol.003(秋号)の発売記念キャンペーンにおきましては、
「Amazon Kindle 本のベストセラー無料Top100」におきまして、'1位'を獲得することが出来ました。

FPマガジン秋号1位-20131019-0916キャプチャ


また、同時に「ビジネス経済カテゴリ」において、'1位、2位、3位、4位を独占'しました。
FPマガジンビジネス経済-1,2,3,4位キャプチャ





電子書籍はどこから始めるの?



“一体、どこから手を付けたらいいの?”

その気持よく分かります。

何故なら私も“ゼロ“から電子書籍出版を立ち上げた一人であり、
継続して出版を続けている執筆者の一人だからです。

もし、あなたが電子書籍を出したい、電子出版に取り組みたいとお考えであれば、
私の経験と知識は、きっとお役に立つことでしょう。現在、仙台市で定期開催中の電子書籍セミナーでは、はじめての電子出版を成功に導く電子書籍出版のすべてをお伝えしております。

新しいテクノロジーは、私たちに電子出版という可能性を平等にもたらしてくれたのです。そうは言っても、最初の一歩は、立ちはだかる断崖絶壁のように感じるものです。

でも大丈夫。正しい知識と、正しい方法を身に付ければ、どなたでも電子書籍を出版することが可能です。私が背中を押すまでもなく、わずか数ヶ月で、ご自身で確かな一歩を踏み出すことが出来るようになります。


上記電子書籍セミナーは仙台で開催ですが、通いたいけど、仙台では・・・と諦めないで下さい。解決策があります!

日本中、いや世界中で受講可能なEラーニングプログラムを用意しております。こちらは、私が実際に学んだ電子書籍スクールです。自信をもっておすすめさせて頂きます。

どうぞ、ご安心くださいませ。


また、私が発行している電子書籍には、定期刊行の電子雑誌があります。
単純に紙の雑誌を電子化したものではなく、ゼロからオリジナルとして立ち上げた電子雑誌スタイルです。

オリジナルの電子雑誌は、独自のノウハウを必要とします。

  • 執筆者をどのようにして集めるのか?
  • 原稿料は?
  • 印税の支払は?

この点においても、電子雑誌のビジネスモデルを独自に構築し実践しております。
オリジナルなノウハウに基づく、電子雑誌ビジネスモデルにつきましては、個別コンサルティングの形でご提供させて頂きます。


立ち上げたい電子雑誌のアイデアがありましたら、ぜひライバルが出版する前に、1日も早くご連絡下さい。同じカテゴリ内で日本で初めての発刊なのか、単なる真似になるのかでは、全く意味するところが違うのです。

アイデアは、実際に出版しなければ、あなたのものにはならないのです。
1日でも早く、形にして、永続的な印税収入の基盤を構築して参りましょう。



あなたも作家・著者になりませんか?



「電子書籍を通じてデジタル世代へ知識の継承を実現する」

これは、わたしが電子出版プロデューサーとして掲げたマイ・ゴールです。

これまでの “経験” と “知識” 、
そしてこれからの “ワクワク・ドキドキする体験” を、
真面目で、前向きで、向上心にあふれるあなたと、ぜひ共有していきたいと思います。

今の人生は、どこかちょっと違うと感じているあなたへ。
電子書籍を通して人生は変わり始めます。

電子書籍出版のすべてについて、直接あなたに、お伝えできる日を楽しみにしております。

リソル・パブリッシング 電子出版プロデューサー

署名





powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional