ブログ

プロジェクト名「FPMAG」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「キーワードは、資格FPから職業(プロフェッショナル)FPへ」

 

日本人が必要としているお金に関する知識を広めるためには、教える役割を担う人材が多数必要となります。お金の教育が仕事として成り立つ社会環境が育まれれば、今よりお金に悩む人達を減らすことが出来るかもしれません。その実現には、一人でも多くのFP資格取得者が、職業人としてお金の教育に携わることが何より大切でしょう。ファイナンシャル・プランナー・マガジンは、FPの、FPによる、FPのための情報誌ではありますが、お金の知識を必要としている、あらゆる人達に有益な情報となることは言うまでもありません。電子書籍のため、お金に関する情報・知識を、いつでもどこでも手軽に学ぶことが可能になります。FPが、これまで以上に身近な存在になることを願ってやみません。──FPMAG創刊号 Voice of Publisher「出版動機」より。

このプロジェクトを成功させるには、次の二つが必要でした。

・製作を手伝ってもらうWebデザイナー
・原稿を書いてもらう執筆者

この二つがなければ、私が発行したい電子書籍の雑誌(eMAG.)は作れません。

ーーーーーーーーーーーーーー

運良く、知り合いのWebデザイナーが、プロジェクトへ参加してくれることになりました。

画像の説明

次は執筆者です。12月になり、2名の方に賛同を頂くことができました。
この時点では、まだ電子書籍の影も形もありません。
表紙のデザインが上がってきました。
「これなら、大丈夫!」
まさに、運命の出会いです。

この本は、必ず出せる!
そう直感できる雰囲気が、このデザインにあったのです。

ーーーーーーーーーーーーーー

1月に入り、毎朝、祈るようにAmazonのページを開きます。
“もし、同じような電子書籍が発売されていたら……”

ネットの世界では何事も1番目が大事です。2番目以降は単なるマネに過ぎません。

1日でも早く出版したい気持ちと、まだまだこれでは世の中に出せない。
焦る気持ちの中、何度も、何度も試行錯誤を重ね、2月に入り、電子書籍の形がだんだん見えてきました。
原稿も仕上がり、本として出せる見通しが立ってきたのです。
最終的に、バージョン32まで、作り変えていきました。

ーーーーーーーーーーーーーー

忘れもしない2013年2月14日、Amazonキンドルストアにて、
リソル・パブリッシングの第1号出版が発売されました。

タイトルは、「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.000」です。
本を出版したいという夢が、とうとう叶ったのです。

その後、春号・夏号・秋号を季刊発行しました。
いずれも、Amazon Kindleストアにて好評発売中です。

 

関連記事

  1. Amazon発売記念無料キャンペーンの最強ライバルとは?
  2. ビジネスパーソンにとって気になる、デジタル・トランスフォーメーシ…
  3. EPUBとPDFとの違いについて
  4. Amazonと電子書籍
  5. Eラーニング|申込み方法のご案内
  6. ソフトバンク+ARMの衝撃!
  7. 本を作りたい! 出版したい!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

最近の記事

PAGE TOP