電子書籍(eBook)出版サービス

電子書籍(eBook)出版サービス

最高品質の電子書籍とは?

ITの発達した現在、個人でも電子出版を行える環境が整っています。
事実、多くの電子書籍作家が、自己出版(セルフ・パブリッシング)による電子書籍づくりに挑戦し電子出版に成功しています。
しかし残念ながら、その方法ではあなたに相応しい「最高品質の電子書籍」を作り上げるのには不十分だと言わねばならないでしょう。
ご承知のとおり「知っている」と「出来る」には雲泥の差が生じます。
あらゆるビジネスの現場には、専門的な知識と実践を積み重ねて培われてきた独自のノウハウが存在しているからです。
それはもちろん、電子書籍の世界にも言えることで、確実にプロフェッショナルな領域が存在しているのです。

一般的と究極

世の中には、一般的という言葉が存在します。言い換えれば「最も平凡」ということでしょう。そして、世の中には、究極という言葉も存在します。言い換えれば、「最高品質」ということになるでしょう。もし、あなたが、電子書籍(eBook)に最高品質を求めるとしたら、それは一般的な制作方法でしょうか? それとも究極の制作方法でしょうか? いずれにせよ「価値ある1冊」には、それに相応しい方法を選ばなければ、実現するのは難しいでしょう。

「著者」および「著書」は?

「著者」:最も相応しいのは「プロフェッショナル・ビジネスパーソン」です。そのノウハウは、次世代に継承すべき知的財産そのものだからです。また、優れたサービス・商品を提供する「法人」も、知的財産を持つ「プロフェッショナル・ビジネスパーソン」であることに何らかわりありません。
「著書」:情熱を持って真摯にビジネスに取り組む、プロフェッショナル・ビジネスパーソンの著する、ビジネス分野の電子書籍が最も適しています。

最高品質の電子書籍

言葉で書くのは簡単ですが、実際に制作できる人間は非常に限られます。特に、最高品質の電子出版サービスの分野となると、日本にいるほんの一握りの「1級エストリビューター」だけが実現可能になります。※「エストリビューター」:日本語では、総合電子出版代理人。企画、編集、製本、マーケティング等、著者の書籍が著者の出版目的を達成するために、ベストな形になるように支援する者━EWA(一般社団法人日本電子出版作家協会)より

最高品質の電子書籍(eBook)出版サービス

私は電子出版を「人々の生きた証を後世に伝えていく仕事」と考えています。例えば、理系の方なら歴史に残る大きな構造物を建造することで後世に伝えていくことが出来るでしょう。いわゆる地図に残る仕事です。 それでは、文系の人はどうでしょうか? 文系の武器は昔からペンと相場が決まっています。武器であるペンが作れるもの、それが “本” です。本は、人が何を考え、どう生きて来たのかを確実に残せる手段です。そして、目に見えない精神世界といったものまで確実に後世に残していくことが出来ます。人は生きることで何を考えたのか。私はそれらを残していくフォーマットは “本” だと考えます。
しかしながら、この素晴らしいフォーマットである “本” は、これまで限られた人たちだけが作ることの出来たメディアでした。 電子書籍(eBook)の出現は、個人が自由に出版できる自分メディアを手にすることを意味します。紙とデジテルという大きな違いはありますが、“本” というフォーマットが伝える役割に違いはありません。 私は、この時代に生まれ電子書籍(eBook)テクノロジーと出会えたことに感謝するとともに、個人が自由に出版できる素晴らしさを享受し、人生の軌跡を未来へと繋いでいきたいと考えます。
【八鍬 兼二 Kenji YAKUWA / 電子出版プロデューサ / 1級エストリビューター】

エントリー|お問い合わせ

最高品質の電子出版(eBook)をご希望の方は、本サイト上部のメニューより「エントリー」をお願いします。ぜひ、あなたの出版プランをお聞かせください。また、具体的な出版プランがまとまっていない場合でも、あなたが培ってきた経験や知識、そして出版への思いをお聞かせください。ご記入いただいた内容をもとに、まずは「出版会議」から始めて参りましょう。 
【電子出版スケジュール・概要】 
1.出版会議(ネット会議を推奨)
2.最高品質の電子書籍(eBook)出版の内容・ご予算の確認
3.電子出版の決定(出版契約)&ご入金
4.原稿構成(目次・タイトル)の支援
5.原稿ご執筆&執筆支援
6.編集・出版工程
7.出版 ※標準出版期間:お申し込みから、4ヶ月~5ヶ月間

PAGE TOP