Welcome to ebook! はじめての電子書籍出版を成功に導き、電子書籍を通じて、人生を楽しく豊かにする、電子書籍出版のすべて! あなたに必要な電子書籍をプロデュース致します。

既刊一覧

出版書籍一覧

【カテゴリ:電子出版マガジン】

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.011」(2015年秋号)

画像の説明

~内容について~
ファイナンシャル・プランナー・マガジン(以下FPMAG)Vol.011(2015年秋号) では、FPの実際の業務の中から、【ファイナンス】と【金融資産】、そして【相続】について考察します。

【ファイナンス】の最初は、「シングル女性」について。
ライフスタイルの多様化により、シングル女性は着実に増えています。シングル女性以外の方も、その動向を把握することは、今後の経済を知る上で欠かせない情報のひとつです。

シングル女性の増加が、社会や経済に何をもたらすのか一緒に考えて参りましょう。

【金融資産】から「変動金利ローン」について。
世の中には、多くの人から常識のように思われている、もっともらしい考え方があります。

今号のFPMAGで取り上げるのは、その中のひとつ、「次の見直し時に金利が上がりそうになったら長期固定に変える」というものです。

この考え方の背景は何か、実際に関わる仕組みには何があるのか、どうしてそのような結論に至ったのか……。ぜひ、FPとしての考え方、切り口など、参考にしてみてください。

【相続】から「成年後見制度」について。
今号では、いわゆる「おひとりさま」が直面する、将来の不安に対する問題解決の糸口として、成年後見制度を見て行きます。

事前に準備の出来る各種制度や契約に関して、どのような人が、いつ、どんなときに考え実行すべきかを紹介して参ります。また、実際の実務で気を付ける点なども、あわせて解説します。

【ファイナンス】の二つ目は、「ファイナンシャル・リテラシー」について。
わたしたちは、お金を上手に使うとなると、どんな基準で使うべきなのか、誰もが迷うところではないでしょうか?

何気なく使っているお金ですが、大人が学ぶべきお金の使い方を6つのポイントに整理し、それぞれ考察して参ります。

最後に【連載】では、文章の書き方に関するコツをお届けいたします。
今回のテーマは、「ひとことに要約できる段落」です。分かりやすい文章のお手本として新聞記事を見ていくと、段落毎の内容に書き方にヒントがあるようです。

文書は、ちょっとしたコツを意識するだけで、見違えるような出来映えになることがあります。ワンランク上の文章を書くための参考にしてみてください。

ぜひ、今後のファイナンシャル・プランニングに、今号で取り上げたテーマを活かしてみてください。

それでは早速「FPMAG」で、お金の知識を学んで参りましょう。

~目次~
【Voice of Publisher】 ファイナンシャル・プランナー・マガジンへ、ようこそ(編集発行人:八鍬 兼二)
【ファイナンス】 シングル女性のリアル①~結婚しない、できない時代のライフプランニング~(執筆:田中 美和子)
【金融資産】 「金利が上がりそうになったら、長期固定に変える」という幻想(執筆:石原 敬子)
【相続】 認知症に備えて知っておきたい成年後見制度(その3) 任意後見制度と前後の契約(執筆:明石 久美)
【ファイナンス】 夢の実現とファイナンシャル・リテラシーの関係性を考える vol.4 ~幅広い金融知識から見えてくるもの~(執筆:安田 晶子)
【連載】 口が商売道具の証券レディから “書けるFP” へ(その4) Vol.4 ひとことに要約できる段落(執筆:石原 敬子)

Amazon Kindleストアにて発売中、¥270.

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.010」(2015年夏号)

画像の説明

~内容について~
ファイナンシャル・プランナー・マガジン(以下、FPマガジン)Vol.010(2015年夏号) では、FPの実際の業務の中から、【FP実務】と【金融資産】について考察していきます。

【FP実務】から「ライフプランシミュレーションソフト」について。
FPの相談において、キャッシュフロー表の作成や現状分析は大事なステップです。キャッシュフロー表の作成にあたっては、専用のライフプランシミュレーションソフトソフトを使われる方も多いでしょう。

非常に便利で頼りになるソフトですが、ソフトに使われるのではなく使いこなしていくことが大事です。FPとして、ライフプランシミュレーションソフトと正しく付き合うために必要なことは何か学んで参りましょう。

【金融資産】から「外貨MMF・外債の出口戦略」について。
円安傾向にともない、外貨建てMMFや外国債券で為替の含み益が出ている個人投資家も多いのではないでしょうか。

今号では、現行の課税制度のメリット、デメリットを整理しながら、出口戦略を考えます。同時に、これから予定されている「金融所得課税の一体化」に関しても学んで行きます。

【金融資産】からもうひとつ「住宅ローン破綻」について。
東京オリンピックの開催決定や、税制改正による相続税への関心の高まりなどにより、安易に不動産投資を始めるサラリーマンが増えています。

そこで今号では、甘い言葉に誘われるまま「不動産投資を夢見た会社員の破綻例」を見て行きます。不動産投資は、FPとして相談を受けることが多い事案のひとつです。

ぜひ、この機会に不動産投資に関するリスクの実態を把握し、課題に対する対策について考えていただければと思います。

最後に【連載】では、文章の書き方に関するコツをお届けいたします。
今回取り上げるのは、「 1つの文に盛り込み過ぎない」です。お伝えするポイントを意識して、書き上げた文章をもう一度見直してみましょう。上手に書けたと思える文章が、ワンランク上の印象に変わっていくはずです。

ぜひ、あなたのファイナンシャル・プランニングに、今号で取り上げたテーマを活かしてみてください。

それでは早速「FPマガジン」で、お金の知識を学んで参りましょう。

~目次~
【Voice of Publisher】 ファイナンシャル・プランナー・マガジンへ、ようこそ!(編集発行人:八鍬 兼二)
【FP実務】 ライフプランシミュレーションソフトと正しく付き合う(執筆:杉田 ゆみか)
【金融資産】 外貨MMF・外債の出口戦略と金融所得課税の一本化(執筆:石原 敬子)
【金融資産】 住宅ローン破綻の実例その3~不動産投資の破綻(執筆:山本 秀利)
【連載】 Vol.3 1つの文に盛り込みすぎない~口が商売道具の証券レディから“書けるFP”へ(その3)(執筆:石原 敬子)

Amazon Kindleストアにて発売中、¥270.

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.009」(2015年春号)

画像の説明

~内容について~
ファイナンシャル・プランナー・マガジン(以下、FPマガジン)
Vol.009(2015年春号) では、FPが行っている実際の業務の中から、【FP実務】、【相続】、【ファイナンス】、【金融資産】に関して考察します。

【FP実務】からは、「日経の読み方」について。
日本経済新聞は、ファイナンシャル・プランナーや、ファイナンシャル・プランニングを実行する方には必読の新聞です。しかし、紙面を広げれば、専門用語や難解な言い回しの羅列が目に付きます。

また、あまり身近とは言えない話題の記事も多く、読みこなすにはハードルが高いと感じる方も多いでしょう。今号では、そんなあなたに、あらためて日経新聞と向き合い、「日経」を読むのが楽しくなる、そんなコツを伝授して行きます。

【相続】からは、「成年後見制度」について。
社会制度は、言葉としては知っていても、内容の把握が難しいものです。特に高齢者・介護の分野は、実際に直面してから慌てて調べ始めるケースがほとんどです。

そういう意味で事前の学習は、選択肢の幅を拡げ経済的な余裕にもつながっていきます。もし、身内がそうなったら? という視点で参考にしてみてください。

【ファイナンス】からは、前号に引続き、
「夢の実現とファイナンシャル・リテラシー」に関する考察について。
お金の話は、老後に限定されるものではありません。本来、お金を使い始める子ども時代からお金の基本を学び始め、生涯を通じてお金と良好な関係を築けることが理想です。

そこで、「いつから」そして「何を、どうやって?」という観点から、人生に必要な、ファイナンシャル・リテラシーの身につけ方について解説して行きます。

【金融資産】 からは、「住宅ローン破綻」について。
住宅ローン破綻の実例から、連帯保証人の問題について解説します。今号では、離婚後の妻が直面する連帯保証の悲劇について見て行きます。「突然訪れる連帯保証の悲劇」、これは決して他人ごとではありません。 

最後に【連載】では、ショートコラム「 正しい言葉を使おう」です。
書き手が意識することで、まとまりのあるスッキリした文章になるポイントを解説します。

あなたのファイナンシャル・プランニングに、ぜひ今号で取り上げたテーマを活かしてみてください。

それでは早速、FPマガジンで、お金の知識を学んで参りましょう。

~目次~
【Voice of Publisher】 ファイナンシャル・プランナー・マガジンへ、ようこそ!(編集発行人:八鍬 兼二)
【FP実務】 日経新聞を楽しく読むコツ、伝授します!(執筆:石原 敬子)
【相続】 認知症に備えて知っておきたい成年後見制度(その2)法定後見(2)(執筆:明石 久美)
【ファイナンス】 “夢の実現とファイナンシャル・リテラシー” その関係性を考える Vol.3 各ライフ・ステージで身につけたいファイナンシャル・リテラシー(執筆:安田 晶子)
【金融資産】 住宅ローン破綻の実例その2~連帯保証人の悲劇(執筆:山本 秀利)
【連載(ショートコラム】 Vol.2 正しい言葉を使おう(その2)~口が商売道具の証券レディから“書けるFP”へ(執筆:石原 敬子)

Amazon Kindleストアにて発売中、¥270.

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.008」(2015年冬号)

画像の説明

~内容について~
ファイナンシャル・プランナー・マガジン(以下、FPマガジン)
Vol.008(2015年冬号) では、FPが行っている実際の業務の中から、【金融資産】、【FP実務】、【ファイナンス】に関して考察します。

【金融資産】からは、「住宅ローンの破綻」について。長期金利の低下が進み、住宅ローン金利も過去最低水準となっています。借りやすくなる一方で、住宅ローン破綻も着実に増えています。

今回は実例に基づき、その原因と結果、および対策について解説します。決して他人ごとではない、住宅ローンの問題点を明らかにして行きます。

【FP実務】からは、来年から導入される「マイナンバー制度」について。FPとして、全国民に関わる制度がスタートする訳ですから、制度への理解を深めるとともに、適切なアドバイスができるよう準備する必要があります。今後のFP活動にお役立ていただけるよう、まとめてみました。

【ファイナンス】からは、前号に引続き、「夢の実現とファイナンシャル・リテラシー」に関する考察について。ファイナンシャル・リテラシーを身につけることで、私たちの生活に得られることを、日々の生活に即して解説して行きます。

最後に【連載】では、多くのFPが直面する、「FPとして、どういう風に文書を書いたらいいのだろう?」について、そのヒントをショートコラムの形でお届けします。

あなたも、今号で取り上げているそれぞれのテーマを参考にして、ライフプランについて考えてみてください。

それでは早速、FPマガジンで、お金の知識を学んで参りましょう。

~目次~
【Voice of Publisher】 ようこそ、ファイナンシャル・プランナー・マガジンへ!(編集発行人:八鍬 兼二)
【金融資産】 最近の住宅ローン破綻の実例その1~共働き家庭の破綻(執筆:山本 秀利)
【FP実務】 今年中に理解しておこう「マイナンバー制度」(執筆:石原 敬子)
【ファイナンス】 “夢の実現とファイナンシャル・リテラシー” その関係性を考える Vol.2“夢とお金のライフプラン”(執筆:安田 晶子)
【連載(ショートコラム】 Vol.1 書くときの5つのこだわり(その1)~口が商売道具の証券レディから“書けるFP”へ(執筆:石原 敬子)

Amazon Kindleストアにて発売中、¥270.

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.007」(2014年秋号)

画像の説明

ファイナンシャル・プランナー・マガジン(以下、FPマガジン)
Vol.007 (2014年秋号) では、FPが行っている実際の業務の中から、【ファイナンス】と【FP実務】に関して考察していきます。

【ファイナンス】からは、2つのテーマをお届け致します。

1つ目は、夢の実現とファイナンシャル・リテラシーの関係についてです。お金に関するリテラシーとは一体何なのか?

また、夢の実現のためには、なぜファイナンシャル・リテラシーが必要なのか? あなたの「夢」の実現に向かって、ぜひ参考にしてみてください。

2つ目は、老後と資産運用に関する考察です。NHKスペシャル「老人漂流社会 “老後破産の現実” 」をヒントに、私たち一人ひとりが、将来に向けて何を、どう考えて行く必要があるのかを紐解いていきます。

老後不安に負けないために、私たちが取り組むべきことについて確認して行きます。

【FP実務】からは、キャッシュフロー表の上手な使い方についてです。その作成から提案の仕方、そしてフォローに関するポイントまでを考えます。

また、相談者とFPが、継続的な良い関係を築いて行くためにには、
どんな点に気をつけるべきかも考えて行きます。

あなたも、今号で取り上げている3つのテーマを参考にして、ご自身のライフプランを考えてみて下さい。

それでは早速、FPマガジンで、お金の知識を学んで参りましょう。

~目次~
【Voice of Publisher】 ようこそ、ファイナンシャル・プランナー・マガジンへ!(編集発行人:八鍬 兼二)
【ファイナンス】 “夢の実現とファイナンシャル・リテラシー” その関係性を考える(執筆:安田 晶子)
【FP実務】 「私を見てくれているFP」になる(執筆:石原 敬子)
【ファイナンス】 老後不安に負けない! 資産運用の始め方(執筆:山中 伸枝)

Amazon Kindleストアにて発売中、¥270.

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.006」(2014年夏号)

画像の説明

ファイナンシャル・プランナー・マガジン(以下、FPマガジン)
Vol.006 (2014年夏号) では、
FPが実際に行っている業務の中から、今回は、FP業務・ファイナンス・相続・保険の4つのカテゴリを取り上げてみました。

FP実務からは、相談者から最も多く質問される「一般的にはいくらぐらい?」という質問に関して考察して行きます。FPの実務者として、どんな点に気をつけて活動すべきか一緒に考えていきましょう。

ファイナンスからは、50代からの年金知識と題して、年金に関して一度は誰もが考える年金は早くもらった方が得なの? 遅くもらった方が得なの? について考察していきます。

65歳まで会社で働ける時代に入り、年金繰り上げ、繰り下げについて、自分のケースではどうなるのか早めに考えておく方が良さそうです。ぜひ参考にしてみてください。

相続では、今後の日本の大きな課題の一つ、認知症に関わる問題です。判断能力が低下してしまった場合、利用できる制度として「成年後見制度」があります。

もしもが現実になって慌ててしまうより、どんな制度があるのかじっくり学んでおくことは、自分や家族を守る第一歩です。FPとして、知っておいて欲しいことを率直にお伝えしていきます。

最後は、保険です。前号に引き続き、自転車事故に備える保険について考察していきます。今号では、自転車保険に入らなくても、既存の保険でカバーできるかも? という視点から、様々なケースに応じた賢い保険利用について解説して行きます。

既に、重複して自転車事故のリスクをカバーしていたなんてことがありますので、しっかりチェックされることをおすすめ致します。

あなたも、今号で取り上げている4つのテーマを参考にして、ご自身のライフプランを考えてみて下さい。

それでは早速、FPマガジンで、お金の知識を学んで参りましょう。

~目次~
Voice of Publisher(編集発行人:八鍬 兼二)
【FP実務】 FP相談を一般論で終わらせないために(執筆:石原 敬子)
【ファイナンス】 50代のための年金知識 繰り上げ? 繰り下げ? どっちがお得?(執筆:山中 伸枝)
【相続】 認知症に備えて知っておきたい成年後見制度(その1) 制度と法定後見(1)(執筆:明石 久美)
【保険】 “自転車事故”に備える保険の入り方(2)(竹下 さくら)

Amazon Kindleストアにて発売中、¥270.

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.005」(2014年春号)

画像の説明

ファイナンシャル・プランナー・マガジン
(以下、FPマガジン)Vol.005(2014年春号) のメイン・テーマは、
「エコ、新時代に住まう!」です。

エコという言葉が一般的になり、いろいろなところで使われるようになりました。

エコ(eco)は、ecologyとeconomyを意味する和製英語です。
従来は、エコと言えば、経済的という意味で使われていました。
最近は、環境に優しいという意味で使われることが多いようです。

お金の情報誌であるFPマガジンが、エコを取り上げるのであれば、当然economyの方だと考えられます。
しかしながら、未来を考えるライフプランにおいて、ecology的な要素を無視できないのも事実です。

今号では、この二つのエコについて考えて行くヒントとして、2本のリポートをお届け致します。
 “「我慢しないエコ」の時代がやってくる”
 “震災復興計画と都市計画”

FPが “エコ” について考える場合、どんなライフスタイルを送りたいのかが重要なポイントになってくるでしょう。
それに合わせて、持続可能なライフプランを考えていく必要があるからです。

あなたも、この二つのエコを取り入れたライフスタイルを目指されてみてはいかがでしょうか?
ぜひ、素敵なライフプランを考えてみて下さい。

それでは早速、FPマガジンで、お金の知識を学んで参りましょう。

~目次~
Voice of Publisher(編集長:八鍬 兼二)
 「私の初任給」エピソード1(執筆:山中 伸枝)
 「私の初任給」エピソード2(執筆:竹下 さくら) 

【特別リポート】「我慢しないエコ」の時代がやってくる(執筆:石原 敬子)
【リポート】震災復興計画と都市計画(執筆:原田 真夫)

【連載】 実録!FPが知っておくべき住宅ローン破綻者の相談実務-4-(執筆:山本 秀利)
【連載】家族が突然死亡したら困ることは (執筆:明石 久美)
【連載】“自転車事故”に備える保険の入り方(1)(竹下 さくら)

Amazon Kindleストアにて発売中、¥270.

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.004」(2014年冬号)

画像の説明

FPマガジン Vol.004 (2014年冬号) のメイン・テーマは、
「いま始め時」です。

何事も最初の計画や準備が大切なことは、言うまでもありません。
日本には、“一年の計は元旦にあり”という言葉もあります。
そういう意味で、1月は一年で最も未来に視点が向けられる時期です。

今号では、【特集】として「資金計画」と「運用計画」について考察します。
資金計画を考えるにあたり何が大切なのか?
運用計画を考えるにあたりどこが大事なのか?
具体的なポイントを押さえて、あなたのお金の計画に活かしてみて下さい。

また、好評連載中の「住宅ローン返済計画」と「住宅ローンの破綻について」の2本と、「認知症になって困ること」と「地震保険」の2本のコラムをそれぞれ掲載しました。

住宅ローンに関しては、先々の見通しを様々なケースで考えておくことが、
より良い計画の源になると思われます。

認知症の問題は、何が困るのかをまず知ることから、地震保険は、その目的を知ることから具体的な計画と準備が始まります。ぜひ、参考にしていただければと思います。

今回、特集記事の“年複利3%で100万円を運用、20年後はいくらに?”より、
「6つの係数早見表(Excel版)」を読者特典として無料ダウンロード頂けます。
本誌の巻末に登録案内がありますので、どうぞお見逃しなく!

お金について、どのような計画と準備をお持ちでしょう。
あなたも、お金の学習を、通勤や休憩時間に気軽に始めてみませんか?

Amazon Kindleストアにて発売中、¥270.

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.003」(2013年秋号)

FPマガジン003

本誌は、FP(ファイナンシャル・プランナー)による、お金の情報誌です。国際金融から、お財布の中身まで、お金に係わることを対象とします。

創刊第3号となる、 Vol.003 (2013年秋号) のメイン・テーマは、「増税に負けるな!」です。

日本は、消費増税の道を選択しました。
近い将来、消費税率8%、10%の時代がやって来ます。
わたしたちの生活に、いろいろな意味で影響を与えることでしょう。

前半の【特集】は、「増やすお金」、「返済するお金」、「備えるお金」、この3つについて考察します。

消費税率の上昇で、人生設計が損なわれることのないよう、それぞれの本質をしっかりと捉え、あなたのお金の計画に活かしてみて下さい。

また、後半は、好評連載中の【コラム】「病気でも入れる生命保険について」、「住宅ローンの破綻について」、「確定拠出年金について」の3本を掲載いたしました。

それぞれが専門とする分野で、伝えるべきことをきちんと伝えたい、本物の情報をお伝えしたい、そんな思いで書き上げられたコラムです。ぜひ、参考にしていただければと思います。

今回、ご要望の多かった、“病気でも入れる生命保険”の中で使われている図表を、読者特典の付録として無料ダウンロード(PDF形式)頂けます。本誌の巻末に登録案内がありますので、どうぞお見逃しなく!

あなたは、お金について、どのような価値観をお持ちでしょう。お金の学習を、通勤や、ちょっとした休憩時間に気軽に始めてみませんか?

Amazon Kindleストアにて発売中、¥270.

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.002」(2013年夏号)

FPマガジン002

本誌は、FP(ファイナンシャル・プランナー)による、お金の情報誌です。国際金融から、お財布の中身まで、お金に係わることを対象とします。

創刊第2号となる、 Vol.002(2013年夏号)のメイン・テーマは、「お金と人生」です。人生を構成する要素はたくさんありますが、お金は、その大切な要素の一つです。文字通り、切っても切れない関係と言えるでしょう。

【特集】として、次の価値観について考察します。
「投資は余裕資金で」、「年金は老後資金」、「老い支度・終活」の3つです。人生において避けること出来ない、”お金の価値観”について、ご一緒に考えていきたいと思います。

また、後半は、
【コラム】として、病気でも入れる生命保険について、住宅ローンの破綻について
【トピック】として、孫への教育資金の贈与についてを、それぞれ掲載いたしました。

私たちは、日常生活の中で、大切なお金をどのように使って行くのか? そんな切り口でお読みいただき、ご参考にしていただければと思います。

あなたは、お金について、どのような価値観をお持ちでしょう。お金の学習を、通勤や、ちょっとした休憩時間に気軽に始めてみませんか。

Amazon Kindleストアにて発売中、¥270.

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.001」(2013年春号)

FPマガジン001

本誌は、お金の知識を整理し、お伝えして行くことを目的として、ファイナンシャル・プランナー(FP、エフピー)によって書かれた、お金の情報誌です。国際金融から、お財布の中身まで、お金に係わることがテーマとなります。

創刊号となる、Vol.001(2013年春号)のメイン・テーマは、「お金の事始め」です。この時期、新社会人の多くが、はじめてのお給料を貰います。

学生時代は、どう使うかが重要でしたが、社会人は、どう管理していくかが大切になります。単に無駄遣いしないだけではなく、税金、年金、資産運用といったことも考える必要があるからです。

お金について学ぶべきことはたくさんありますが、その中から、お金の事始めとして特集するのは、
・新社会人のお金に関して
・人生で最初に手にするお金=おこづかい
この二つです。
また、多くの人にとって関心の高い、年金、資産運用についても掲載いたしました。

あなたも、お金の学習を、通勤や、ちょっとした休憩時間に気軽に始めてみませんか。

Amazon Kindleストアにて発売中、¥270.

「ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.000号」(2013年2月発行)

FPマガジン創刊準備

ファイナンシャル・プランナー・マガジンは、お金の知識を必要としている、あらゆる人達に有益となる情報誌です。電子書籍のため、いつでもどこでも手軽にお金に関する知識を学ぶことが可能です。

本号Vol.000(プレ創刊号)のテーマは3つあります。
・住宅ローンの選択について
・成年後見制度利用について
・米国金融情勢について

本誌は、「お金の教育」の普及を目的として、ファイナンシャル・プランナー(FP、エフピー)によって書かれたお金の情報誌です。国際金融から、お財布の中身まで、お金に係わることがテーマとなります。

あなたも、お金に関する知識を、通勤の合間や、ちょっとした休憩時間に気軽に始めてみませんか。

Amazon Kindleストアにて発売中、¥99.








powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional